Blog

冬本番。どの暖房器具を使う?


どの暖房器具を使う?

暖房
空気を汚さない・湿風を出さない・火を使わず喚起不要とこんな宣伝をしている暖房器具は、暖房コストが高く、部屋の暖まりも不十分なものが多いのです。その中でも、ハロゲンヒーターは、見える光は熱を出さないので、暖かそうに見えるのは見かけだけ。エネルギーを無駄にしているので、たいして暖かくないのに、月1万円も電気代が高くついたりまします。その上、ガス官が破裂したり、熱が特定の場所に集中すると、低温やけどの危険性もあります。

自分に合った最適の暖房器具を探そう!

遠赤外線暖房機も、空気を汚さない暖房器具といわれています。ところが、反射板のフェルトにホコリがたまるとカビが発生して嫌な臭いが出ます。それなのに掃除しにくい構造の機種が多いので手入れには一苦労です。遠赤外線の暖房器具は部分的な暖房に向いてます。

オイルヒーターは、密閉されたオイルを電気で温め、放熱板のフィンの湿度が80℃前後で火傷しにくく、掃除もしやすいので臭いも出ません。しかし、オイルを温めるのにかなり時間がかかります。設定温度を指定できも、断熱機能の悪い家や、広い部屋では温度が上がらないので、ヒーターは点いたまま、やはり電気代は高くつきます。気管支の弱い人や、アレルギー体質の方には、オイルヒーターが最も適しています。

一般的には、エアコンが効率的で安上がりのようです。この10年間でエアコンの消費電力は4割~6割減少しました。段冷房は、風が気にならないように空気の出る方向を調節してエアコンを使うのが、省エネで安上がりです。最近の機種は、多様は機能が組まれているので消費電力はかなり抑えられます。
エアコンの光熱費は暖房器具の中で一番安い――東京電力
表3

ガスを使って上手に省エネ

「ガスは危険?」とガスから電気に暖房機具を買い換える人がいますが、よく考えないと損をしてしまいます。電気の暖房器具は安全と過信されているので、火災や火傷がよく起こってうるからです。現在のガス器具は、メーカが書いた注意事項を守っていれば、電気器具と安全性に差はなくなっています。家庭用の電気製品は、元のガスや石油のエネルギーの3/1しか電気として届かないので省エネ資源減から見ると、熱効率が悪いのです。しかし、ガスファンヒーターや石油ファンヒーターのように、室内に排気を出す機種は、高気密の室内では使わないほうがいいでしょう。少しでもエコと思うなら、寒いからと温度を上げたり、高級な暖房器具に買い替えたりする前に、重ね着をしたり厚手の靴下を履いたりと、暖房のことを考えましょう。

表1

賢い暖房器具の選び方

暖房器具を買うとき、重視するのはまずは安全性です。お子様やペットがいたり、火災性のデメリットがある場合は、どんなによくても購入しません。安全性に適しているのはどんな暖房器具でしょうか。

  • エアコン
  • コタツ
  • ホットカーペット
  • 電気系ヒーター

次に重視するのが、光熱費です。電気代だけでなく、ガスや灯油代が大きく関わってきます。安全で、省エネの物があればいいものです。光熱費の安すははずせません。灯油ストーブは、その時の値段に左右されやすいので、かえって高くつく場合があるので上手に利用しましょう。

  • 石油ファンヒーター
  • ガスファンヒーター
  • 灯油ストーブ
  • ガスストーブ
  • エアコン

そして、暖房効率がいいものがいいです。いかに早く部屋を暖めることができるか、とても大事な所です。いくら暖房を使ってもなかなか部屋が暖まらない・・・なんて光熱費にも響きます。部屋の暖まりやすさで選ぶなら以下のようです。やはりエアコンが効率的によいようです。

  • 灯油ファンヒーター
  • ガスファンヒーター
  • 灯油ストーブ
  • ガスストーブ
  • エアコン

暖房器具の特徴

エアコン
家庭で消費する電力の1/4を占めると言われるエアコンは、省エネを強く求められています。そのため、各社が独自の技術開発をして省エネ性能が格段によくなっている家電といえるでしょう。運転のムダを無くすため、人の居場所や運動量によって、運転を自動コントロールする機能や、省エネを実感する仕組みとして、電気代や削減されるCO2を表示するなど、各社あの手この手で省エネに取り組んでいるのが、最近の傾向です

 

石油
室内の空気を吸い込み、主にセラミックヒーターの熱で温風にして吹き出し暖めるタイプ。スイッチを入れればすぐに温風が吹き出すため、すぐに暖かくしたい時に向きます。しかし風が出続けるため、ホコリの舞い上がりや乾燥が気になることも。消費電力は1200W前後(1時間で約26.4円)で、10畳前後の部屋全体を暖めることができる能力のものから、600W程度(1時間で約13.2円)で足元やトイレなどの個室を暖める小型のものまであるため、価格も幅広くあります

 

オイル
パネル内部にある密閉された難燃性のオイル(オイルは補充不要)を電気で温め、そのオイルを循環して放熱するタイプの暖房機。立ち上がりは遅いが、放射熱により部屋全体をおだやかに暖めるので、静かでソフトな暖かさが人気です。基本的には、長時間いる部屋向きですが、たとえば、消費電力1500W程度(1時間で約33円)で10畳用が目安となり、電気代がかかるのでエアコンなどとの併用をおすすめします。価格は3~5万円程度とやや高めです。

 

ハロゲン
一見、そのカタチは「扇風機」に見えます。というか、扇風機にしか最初は見えません。インパクトがあります。温風が出るわけではないため、ほとんど作動音はありません。熱を一旦、反射鏡に当てて放射する構造なため、熱源が剥き出しになっておらず、電気ストーブにありがちだった痛いような、刺すような「熱さ」というものではありません。あたたかさがマイルドなのです(遠赤外線効果です)。安全面でも、扇風機と同様の網が前面に施されており火傷の心配もありません。

関連記事



名古屋市

千種区東区北区西区中村区中区昭和区瑞穂区熱田区中川区港区南区守山区緑区名東区天白区

愛知県

豊橋市岡崎市一宮市瀬戸市半田市春日井市豊川市津島市碧南市刈谷市豊田市安城市西尾市蒲郡市犬山市常滑市江南市小牧市稲沢市新城市東海市大府市知多市知立市尾張旭市高浜市岩倉市豊明市日進市田原市愛西市清須市北名古屋市弥富市みよし市あま市長久手市

ページ上部へ戻る